(株)新美利一鉄工所は、愛知県岡崎市に拠点を置き、先端設備を駆使してさまざまな板金部品を製作している会社です。

経営方針
このエントリーをはてなブックマークに追加

会社方針

大正15年創立以来、私たちはかわることのないモットー
「お客様に喜ばれるもの作り」と「周りの幸せが私の幸せ」を掲げ、
着実に成長をつづけてまいりました。

つねに機械設備の拡充をはかり、高い品質の製品を広く
社会に供給すべく少数精鋭の社員が一丸となってお客様を
サポートしております。

当社からのメッセージ

当社工場の外観写真



2015年より、合資会社 新美利一鉄工所は、株式会社 新美利一鉄工所へ
社名を変更いたしました。

当社は大正15年創業以来、今年で89年を迎えます。これも偏に皆様方から
頂戴したご愛顧のおかげであると心から感謝申し上げますとともに、
これからも『お客さに喜ばれるもの作り』・『周りの幸せがの幸せ』を
モットーに何でも作る新美利一鉄工所であり続けたいと思っています。

 わが社では、高性能レーザー加工機をはじめ、YAG溶接機、シャーリング機、
ドリルセッターなど、最先端設備を揃えています。受注製品は産業機械部品や、
部品洗浄に使う螺旋式洗浄筒などもあり、お客さまが本当に困っていることに
丁寧に対応し、大量生産していないものに特化して勝負しています。

頼まれた仕事は何でも作る、何でもつくってみせるというのがわが社の強みで
あると言えると思います。

 また作業は分業せず、一人で最初から最後まで一貫して製品を完成させます。
(ときどき納品まですることもあります。)
製品をお客さもに届けることでコミュニケーションが生まれ、直接褒められたり、
叱られたり色々学びもあり、本人のやりがいや責任感のようなものが芽生え、
良い製品ができるように感じています。

分業しないのは、社員に実力を養ってもらいたいというのもあります。
どこへ移っても十分に通用する力があれば心配はないですし、その力をつけて
ほしいという想いからです。

『ものは人に盗まれることがあるが、頭に入れた知識・からだで覚えた
ノウハウ・ 蓄えた実力は,盗まれることも、落とすこともないですから。』

私の想いと責任感ある社員とともにユニークな経営展開をし、これからも
より良い製品をお届けいたします。

セールスポイント

  1. 常に客さまのニーズに対応した受注管理を行い、安定した高品質の製品を社会に供給します。
  2. 精密機器鈑金製品、ステンレスをはじめとするあらゆる鉄材料の極薄物、極少量加工ができます。


得意な製品・分野・技術

  1. 極薄物精密機械鈑金部品のレーザー加工、ブレーキプレス加工、アルゴンディング溶接加工技術を保有してます。
  2. 短納期、高品質な加工技術

主要製品
  • 工作機械カバー
  • シュートホッパー
  • シムプレート(スペーサー)
  • サインプレート(アイアン看板


会社沿革

大正15年
前・代表取締役 新美広治の実父、新美利一 創業
昭和29年
合資会社 新美利一鉄工所 設立
昭和43年
前・代表取締役 新美広治 入社
平成26年
工場内LED化
平成26年9月
太陽光発電による売電開始
平成27年
合資会社 新美利一鉄工所から株式会社 新美利一鉄工所へ社名変更